戒名をいただくときは?

一般には「戒名(かいみょう)」と呼ばれていますが、
浄土真宗では「法名(ほうみょう)」、
日蓮宗(にちれんしゅう)では「法号(ほうごう)」といいます。

戒名は、仏の弟子になったという意味で授けられる仏名です。
本来、生前に授かるものでした。
現在では死亡後にもらうのが一般的になってしまいました。
これを死後戒名といいます。
できれば納棺までにつけてもらいます。

※注意※
戒名は、菩提寺から授かるものです。
誰が授けてもいいというのではありませんので、注意してください。
菩提寺が遠い場合は、とりあえず俗名のままで葬儀を行ない、
後日つけてもらいます。
戒名は、まず白木(しらき)の位牌(いはい)に書いてもらい、
遺影や遺骨とともに祭壇に安置します。