永代供養のメリットとデメリット

永代供養のメリット

①永代供養墓は、お墓の掃除や管理を霊園の管理者に任せられるため、

維持や管理の負担が軽くなります。

②一般的なお墓よりも費用がなることもメリットの1つです。

種類によっても金額は異なりますが、金銭的な負担も軽くなるケースが多いです。

③永代供養墓は宗派や宗旨が問われないことが多く、

誰でも利用しやすい環境となっています。

永代供養のデメリット

①個別安置の期間が設けられていることが多いです。

一般的に33回忌など一定の期間しか供養されません。

家族や親族とも今後お墓や供養をどうしていくか

きちんと相談したうえで検討されることが好ましいです。

②合葬・合祀(他の人と一緒に埋葬)をすると、

その後遺骨を取り出すことは難しくなります。

永代供養のお墓を購入すると、最初の一定期間は個別に安置され、

期限を過ぎると合祀されることが多いです。